2015年10月01日

『薬院・渡辺通のバール・カフェ|カプチーノ』

"Cappuccino"(カプチーノ)はイタリア語の"capuccio"(カプッチョ)、日本語でいう頭巾から派生した言葉です。「カプチン修道院の帽子(頭巾)がぽっこりと膨らんでいた」という様子から、それをカフェにアレンジしたというのが生い立ちだそうです。
capuccio.jpg
きっとこんな感じでしょうか?
cap2.jpg
で、こんなこんもりしてたんじゃないかなと。

しかし、近年ではそんな素朴なカプチーノも機械の進歩と技術の向上でもっとスタイリッシュで親しみのある飲み物に変わってきております。

_DSC0335.JPG
エスプレッソの「more>>」でお伝えしたように、まずは美味しいエスプレッソを抽出することが必要です。熟練のバリスタによる、最高のクウォリティでさらに安定した技術によって渾身の一杯を抽出します。そして、同時にミルクを泡立てながらスチーム(温め)します。

steam.jpg
「ジジ」っていう音がしたら、ミルクに空気を含ませている音。
この音の「大きさ」や「長さ」にとっても意味があり、泡のコシや量がビシっと決まらないと美味しくはなりません。さらに、どれだけ素早くこの作業を行えるかがとっても重要・・・コレ難しいんですよ。
その後は泡入りのミルクをピッチャーの中で対流させて粗くて大きな泡を潰し、キメの細かいミルクに整えていきます。

さて、エスプレッソを抽出しながら、ミルクをスチームをほぼ同時に終える。そして温めた牛乳が一番美味しい温度帯(63℃くらい)なので、これを素早くカップに注ぎいれます。
1901608_619003511527490_5848459719449277153_n.jpg

美味しいカプチーノとそうでないものの違いは、
 @きちんとコシのある泡が液面にのってあるか?
 Aスプーンで混ぜたときに空気のプチプチが出てないか?
 B泡と液体を混ぜたときにスプーンでめくっても液面が出ていないか?
 C温度はぬるすぎたり、熱すぎたりしないだろうか?
というところにあります。

全てが巧くいくと表面がツヤツヤで、しっかりとした泡のあるカプチーノが出来上がります。
1147078_568575343226344_965524606_o.jpg

ちなみに、カプチーノに絵が描かれてあるもののことは「デザインカプチーノ」で「ラテアート」ではありません。イタリアでは「カフェラテ=泡のないミルク」という意味合いが強く、またプロのバリスタが作るのではなく、カフェラテは家庭で楽しむものという印象が強いようです。もちろんオーダーしたら作ってくれますし、最近ではカフェラッテを頼むことができるお店も増えているようです。

Per Tossiniでは、カッフェに濃厚なボディで後味の軽い特徴である「アルベルト・ベラーニ」の豆を使用しているので、牛乳もカッフェに負けない甘さの強い「グリコ牛乳」を使用しております。イタリアでは低温殺菌牛乳を使用していてとっても風味が強いので、風味の強い「グリコ牛乳」はこの豆にとてもマッチしていると考えております。

福岡市中央区薬院のおしゃれなイタリアンバール
『Per Tossini(ペル トッシーニ)』

------------------------------------------------------------------------------
福岡県福岡市中央区渡辺通2-3-19 ロマネスク天神南 1F
Tel.092-717-5150
------------------------------------------------------------------------------
営業時間 ◇月〜木・日・祝 / 12:00〜24:00 (LO. 23:00)
     ◇金・土 / 12:00〜25:00 (LO. 24:00)
posted by pertossini at 00:26 | 日記