2015年10月01日

『薬院・渡辺通のバール・カフェ|マッキャート』

"Macchiato"【マッキャート】は日本語にすると「染みをつける」という意味です。

"Caffe' macchiato"【カッフェマッキャート】は、カッフェ(エスプレッソ)にミルクで染みをつけたもの。
カッフェマッキャート.jpg


"Latte macchiato"【ラッテマッキャート】は、ラッテ(ミルク)にコーヒーで染みをつけたものになります。
ラッテマッキャート.jpg

写真で見ると一目瞭然ですね。「カッフェ(エスプレッソ)にミルクを入れたいけれど、コーヒー感はあんまり減らしたくないな〜」っていうときはカッフェマッキャートを、「カプチーノよりもミルク感を楽しみたいな〜」というときにはラッテマッキャートを選ぶといいかもしれませんね。

でも、実はミルクの量の違いだけがこの2つのマッキャートの差というのは正確ではありません。

カッフェマッキャートのミルクはフォームミルクという「泡立てたミルク」だけを入れ、ラッテマッキャートのミルクはフォームミルクを少なめに入れるという大きな差があるのです。

お店によって、バリスタによっても様々な入れ方をするのがあるのですが、口当たりの感覚、味のインパクトの違い、楽しみ方の違いがこういった差を生んでいるようです。最近は嗜好が全国化されつつあるイタリアでもコーヒーの嗜好が南北で異なっているので、どれが正解!!というのはないとは思います。

_MG_7679.jpg

「かかりつけのお医者さん=ファーストオピニオン」というように、イタリアにも「私の(好みを知っている)バリスタ="Mia Barista"【ミア バリスタ】」という言葉があります。人の好みは十人十色で人それぞれです。美味しいものを作れるバリスタはきっとお客様の好みに合わせて作ってくれます。ラーメンの「バリカタ」や、牛丼の「つゆだく」と全く同じです。

改めて、このマッキャートは「染み」という意味です。
どうか飲む人の心に「染み」を付けられますように・・・と思いを込めております。
イタリア人はやっぱりキザですね(笑)
178995596.jpg

ちなみに「マッキャート」は、実は「マキアート」ではありません!!スターバックスの商標が「マキアート」という造語から作ったものだからです。似て非なるとはこの事で、イタリアで「マキアート」というときっと「マッキャートね」と言い返されます(笑)



福岡市中央区薬院のおしゃれなイタリアンバール
『Per Tossini(ペル トッシーニ)』

------------------------------------------------------------------------------
福岡県福岡市中央区渡辺通2-3-19 ロマネスク天神南 1F
Tel.092-717-5150
------------------------------------------------------------------------------
営業時間 ◇月〜木・日・祝 / 12:00〜24:00 (LO. 23:00)
     ◇金・土 / 12:00〜25:00 (LO. 24:00)
posted by pertossini at 00:26 | 日記